ワンストップ?

最近、いろいろな相続・遺言関係のホームページで目にする「ワンストップサービス」とはどういうものですか?

相続や遺言はいろいろな手続きを行う必要がある場合があります。最も多いのは不動産の登記の移転と預金等の名義変更ですが、その他にも相続税の申告や不動産価値の査定や売却、土地の分筆、そしてあまり考えたくはないことですが、相続人同士で紛争になった場合は調停が必要になる場合もあります。
そしてそれらには複数の専門家が必要となりますが、「ワンストップサービス」とは、何人も専門家を探さなくてもそこにいけば全ての手続きに対処できるサービスということです。ワンストップサービスをうたっているものには複数の種類の専門家が集まっている大きな事務所もあれば、単に複数の専門家が連携している、というものもあります。
ただ、基本的には相続・遺言業務を専門的に行っている事務所であればほとんどがワンストップサービスを行っているといえるでしょう。


相続・遺言のワンストップサービス?

最近、いろいろな相続・遺言関連のホームページで目にすることが多くなってきた「ワンストップサービス」ですが、簡単に言えばそのホームページを運営している専門家の事務所に行けば相続・遺言に関する全ての手続きについて対処できますよ、というものです。

相続や遺言に関する手続きは、かなりいろいろな方面の専門家を必要とします。最も多いのは不動産の登記の移転と預金等の名義変更ですが、その他にも相続税の申告や不動産価値の査定や売却、土地の分筆、などが必要になる場合もあります。
当然専門家も行政書士、司法書士、税理士、不動産鑑定士、土地家屋調査士・・・など、かなりいろいろな専門家が必要になる場合もあります。だとすると、例えばここに挙げた全ての専門家が必要であるような大規模な相続事案の場合、その全ての専門家を自分で集めるとなるとかなり大変です。

そこで専門家のアピールポイントとして「ワンストップサービス」が登場するわけです。「うちの事務所にくれば、全て対応できますよ。面倒な専門家探しなんかしなくてもいいですよ」というわけです。依頼人にとってもあちこち探し回って無駄な労力を使わなくて済むので良い事ずくめ・・・みたいな感じです。(余談ですが、最近は相続税が上ったこともあり、相続税方面に強い税理士さんとの連携をアピールする事務所が多いようです。ちなみに当事務所も相続税に強い税理士さんと連携しています(・・・とアピールしてみたり))

ワンストップサービスの実際

ワンストップサービスを行っている事務所は大きく分けて2つのパターンになります。一つは行政書士、司法書士、税理士など、複数の専門家が在籍する合同の大きな事務所です。もう一つは個別の専門家が相続・遺言業務のために連携しているというものです。どちらかというと後者の方が多い印象ですが、その場合、最初に行く事務所は『窓口』的な意味合いが強くなるように思います。

ただ実際のところ、「ワンストップサービス」をうたっている事務所「だけが」ワンストップサービスを行えるというわけでは全然なく、逆に相続・遺言業務を専門にしていて(そのやり方はいろいろでも)ワンストップ的なサービスが出来ない専門家の方がほとんどいないというのが正しいでしょう。相続・遺言業務を専門にしている場合、他の業種の専門家との連携は、必須といってよいレベルであり、開業したてでもない限り、連携先の専門家がいないというのはほとんど考えられないからです。
当然ですが、当事務所にも司法書士、税理士、不動産鑑定士、土地家屋調査士や不動産会社など、様々な提携専門家がいます。
なので、「ワンストップサービス」とはそれをアピールしている専門家の専売特許のような類のものではなく、単にその事務所がそれをアピールポイントとしているということにすぎません。

「ワンストップ的なサービス」を利用するにせよ、重要なのは専門家と直接会い、自分の気になったことはきちんと聞く事にあると思います。
料金についてもわかりやすいワンプライス的な料金を記載しているサイトも多いようですが、やはり複数の専門家がからむことと、相続手続きが事案によってかなり難易度が変化したり取得書類にもかなり差が出るなどを考えると、自身の事案について相手にきちんと説明した上で料金の見積もりの提示を求めた方が、後々のトラブルを防ぎやすくなるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

お問い合わせは         初回無料相談はこちら         お問い合わせはこちら                  

カテゴリー:ワンストップ?

事務所連絡電話番号

このページの先頭へ